セミナー開催のお知らせ 「12月1日 ストレスチェック義務化 ~事例や判例をもとに考える、 職場にプラスをもたらすメンタルヘルスケアの勘所〜 第1回 職場マネジメントと専門家の効果的な連携とは?」 8月28日(金)17:30〜19:30 共永総合法律グループ主催セミナー第14回

12月1日 ストレスチェック義務化

~事例や判例をもとに考える、職場にプラスをもたらすメンタルヘルスケアの勘所〜

第1回 職場マネジメントと専門家の効果的な連携とは?

 

<講師> 経営・組織・人材マネジメントコンサルタント  吉村 光正(共永総合法律グループ)

        弁護士・司法書士  髙杉 謙一(共永総合法律グループ 竹田・長谷川法律事務所)

 メンタルケア心理士   宮本 友未

        

 本年12月からストレスチェックが義務化されることに伴って、各企業では、ストレスチェックの運用準備に余念のないことと思われます。

 しかしながら、メンタルヘルス対策の実効性を上げるために、このストレスチェックをどう活用し、職場でどのような取り組みが必要なのかといった、肝心のメンタルヘルス対策そのものまでリーチが届いたものになっているでしょうか?

 ストレスチェックの実施は、その結果は企業に通知されないということから、新たな火種ともなりうるもので、これを契機に、普段から有効な対策を機能させておくことが、企業により求められると言えます。

 メンタルヘルスを普段からよい状態に保ち、不調や要配慮を早期予防するためには、ストレスチェックの実施のほか、計画や指針、体制作りといった、ハコモノ作りだけではなく、日々の職場マネジメントの中での動的な対応と、さらに産業保健スタッフほかの専門家との適時適切な有機的な連携が不可欠と言えます。

 本セミナーでは、弁護士とマネジメントコンサルタント、そして、産業保健スタッフのコラボレーションにより、豊富な事例や判例をもとに、実際に職場マネジメントで対処実施すべき内容を、ロープレなどの体験型プログラムも含め皆さんで一緒に学びながら、知恵として体得していただきます。

 終了後は、毎回のように、割り勘の気さくな懇親会を予定しております。セミナーの中では話しにくい本音のトークを交わす場として、またご参加者相互の異業種交流会の場として、ぜひご参加ください。

■日程:2015年8月28日(金)17:30〜19:30

■場所:東京平河町ビル(TKPガーデンシティ永田町) ミーティングルーム4Ⅾ

(今回は東急不動産赤坂ビルではございませんのでご注意ください)

東京都千代田区平河町2-13-12 TEL:03-3221-6907(事務所直通)

東京メトロ丸ノ内線 東京メトロ銀座線 赤坂見附駅 D出口 徒歩9分

東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 1番出口 徒歩5分 永田町駅 4番出口 徒歩4分

東京メトロ南北線 東京メトロ有楽町線 永田町駅 4番出口 徒歩4分

■セミナー:先着20名、参加費2,000円

■懇親会:セミナー終了後、近辺(場所未定)にて開催を予定しております。

講師を含めて割り勘とさせていただきますので、ご了承下さい。